計画的な家出は警察も無関与、事件性がなければ自分で探すしかない

家出をする行為の9割は、先を考えずに行動するパターンが多いです。その場の感情で行動に移す、あとになって後悔をする。こう言ったカタチが多いです。しっかり計画を立て、その後の人生設計まで、できているのであれば、家出をしても良いでしょう。私の知人で家出をした人がいました。その人は、既婚者で、子供が2人います。妻とは喧嘩ばかり、子供にも相手にしてもらえず、家に帰るのが辛いと言っていました。

離婚は何度か考えたけど子供のことを考えたらできず悩んでいました。家出でもしたいくらいだと言っていました。数日後、家出をしたとの連絡を受けました。ビジネスホテルに数日泊まったがお金のことを考えると長くは泊まれないです。ネットカフェで数日過ごしたそうです。ネットカフェでもお金はかかります。車中泊をよぎなくされたそうです。食事面も食べなかったり、時には一気に2人分を食べたりとコンビ二弁当やスーパーの値下がりした弁当だったそうです。洗濯もコインランドリーでしてたそうです。とても健康な暮らしとは思えませんでした。そして、お金が底をつき戻るカタチでした。

家出がいけないことだとは思いません。誰しも、取り巻く環境に嫌気をさすこともあります。精神的に耐えることが出来なければ、我慢することなく家出をしましょう。家出をして、今までの環境がどれだけ恵まれていたのかを知るのです。人は経験をして初めて実感することが多いです。その知人は、家出経験をして、今度は、しっかりした計画を立てて家出をすると言っていました。

この場合、計画的に家出をしたとなると警察の方では失踪届は受理しますが特別積極的に探す事はありませんので、自分たちでなんとか足取りを探すしかなくなります。WEBやラインや、友人・知人をあたって探して行きます。人探しサイトにも登録して情報を待つことも忘れずに。また探偵を利用するという手段もありますので、活用するとよいです。

参考サイト:http://sosaku-now.com
行方不明者の捜索方法 | 警察・探偵・自分・ネットで